市場ニュース

戻る

【特集】上方修正ラッシュで腳光、先高シグナル點燈の「大幅増額&割安」厳選6銘柄 <株探トップ特集>

先行き懸念材料が多いなかでも上方修正が相次いだ4-9月期決算発表シーズンが終わった。ここでは通期計畫を大幅増額修正した企業の中から、割安感が強い銘柄を6社リストアップした。

―中間決算発表出そろう、上値期待が大きく膨らむ好業績のバリュー株にロックオン!―

 22年3月期上期の決算発表がおおむね出そろった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ業績の回復が鮮明となった第1四半期(4-6月)に続いて、上期決算でも多くの企業が前年同期の実績を上回る好業績を打ち出し、通期見通しを上方修正する企業が相次いだ。上期決算シーズンに上方修正する企業は、業績の先行きに自信を持つケースが多く、一段の上振れや來期業績の拡大が期待される有力株としてマークしたい。今回は通期業績予想の上方修正に踏み切った企業のうち、株価指標面で割安感が強く上値余地が大きいとみられる銘柄を探った。

●上方修正相次ぐ、業績回復には格差も

 「株探」集計では、10月1日から11月12日の期間に、22年3月期通期の経常利益予想を引き上げた企業は560社に上った。新型コロナ感染再拡大の影響などで先行きに慎重姿勢をみせていた企業が多かったこともあり、およそ4社に1社が上方修正した格好だ。業種別に見ると、市況の急激な改善を背景に収益が上振れする見通しとなった海運鉄鋼のほか、 半導體をはじめとする電子部品などの需要拡大が追い風となる電気機器セクターに上方修正する企業が目立つ。

 一方、期初に立てた業績予想が下振れする見通しの企業も多く、12日までに241社が通期経常利益予想を下方修正している。継続的な緊急事態宣言の実施が逆風となる鉄道會社、半導體不足によるマイナス影響が大きい自動車業界、資源高が重くのしかかる電力などに業績見通しを引き下げる動きが多く見られた。業績回復は業種によってばらつきが生じている。

 今回は大幅な業績上方修正が評価され株価が上昇した銘柄のうち、株価指標面に割安感のある企業にスポットを當てた。以下では、22年3月期の経常利益予想を上方修正した企業を対象に、株価が1株あたり純利益の何倍まで買われているかを示す「PER」(株価収益率)が低位で、株価の水準訂正が進むことが期待できる6社を紹介していく。

【IDEC】

 制御機器大手のIDEC <6652> は半導體製造裝置、自動車関連、工作機械、ロボット業界などの旺盛な設備投資ニーズを捉え、業績が絶好調に推移している。上期(4-9月)業績は主力の産業用スイッチを中心に販売が大きく伸び、売上高348億5600萬円(前年同期比37.3%増)、経常利益50億2200萬円(同3.3倍)といずれも上期ベースの過去最高を塗り替えた。併せて、高水準な受注高や拠點再編による固定費削減効果を踏まえ、通期の経常利益予想を従來計畫の62億円から92億円(前期比2.2倍)へ上方修正し、4期ぶりに最高益を更新する見通しとなった。配當予想も年80円(従來計畫は50円)に大きく引き上げ、配當利回りは3%臺に浮上しているほか、予想PERも11倍臺と割安圏にあり投資妙味は大きい。

【ホシデン】

 ホシデン <6804> はコネクターやスイッチといった機構部品を主力とする電子部品メーカー。5日に発表した上期業績は経常利益段階で74億1000萬円(前年同期比62.8%増)とコロナ禍前の水準を上回って著地した。主力のゲーム機向けが新型コロナ感染拡大による海外主力工場の稼働停止で大きく減少したものの、自動車関連向け音響?表示部品、スマートフォンや健康機器関連向け部品の伸長で補った。また、円安進行によるプラス効果も利益を押し上げた。好決算を受け、通期予想の上方修正に踏み切っている。併せて、株主還元方針を変更し、配當性向30%程度を目指すと発表。これに伴い、今期配當を従來計畫の20円から55円に大幅増額修正した。株価は年初來高値圏に急浮上したが、予想PER7.3倍、PBR0.6倍近辺と割安感が強く一段高への期待が膨らんでいる。

【メイコー】

 プリント基板大手メイコー <6787> の上期業績は、昨年落ち込んだ車載向けを中心に販売が回復し、経常利益53億4700萬円(前年同期比9.5倍)と急拡大をみせた。コロナ影響で中國とベトナムで一時的に操業度の調整を行ったものの、その後は全工場がフル稼働に近い水準で推移し、今後の増産に備えた部品在庫積み上げの需要も追い風になった。併せて、通期の同利益予想を従來計畫の87億円から110億円(前期比93.1%増)へ引き上げている。足もとでは、自動車の電裝化が進むなか、先端車載基板の量産工場を22年中に建設する計畫を示すなど、成長投資にも余念がない。株価は9日に約13年10ヵ月ぶりに4000円を突破したが、予想PER11倍臺と割高感はなく、更なる上値に期待したいところだ。

【丸文】

 丸文 <7537> は海外サプライヤーを中心とした豊富な品揃えに強みを持つ獨立系のエレクトロニクス商社。世界トップクラスの半導體商社である米アロー?エレクトロニクス<ARW>との合弁會社を通じて海外事業を積極展開し、21年3月期の海外売上高比率は6割に上る。足もとの業績は、産業機器向けをはじめとした幅広い分野で半導體や電子部品の引き合いが強く、また電子デバイスの組立?検査裝置や醫用機器も好調に推移し、上期の経常利益は21億400萬円と実に15年ぶりの高水準をたたき出した。これを反映する形で、通期の同利益予想を従來計畫の30億円から45億円(前期実績は3300萬円)へ増額修正している。指標面では予想PER7倍臺、PBR0.5倍と極めて割安感が強く、上値に大きな期待を內包している。

【バルカー】

 バルカー <7995> は配管のつなぎ目に使われる気體や液體の漏れを防ぐ工業用シール材の大手。10月27日に発表した上期業績は、半導體製造裝置などの先端産業市場向けを中心に、主力のシール製品や機能樹脂製品の出荷が拡大し、経常利益は28億1500萬円と前年同期比で6割近い大幅増益となった。併せて、通期の同利益は56億円(前期比52.5%増)になりそうだと発表。足もとの業績動向を踏まえ、前回予想の40億円から上方修正した。旺盛な半導體需要を背景にシール部門の受注拡大が続いており、19年3月期に記録したピーク益(57億9100萬円)の更新にも期待がかかる。指標面では予想PER12倍近辺と割安サインが點燈しているほか、4%を超える配當利回りも注目ポイントだ。

【イーグランド】

 首都圏を中心に中古住宅の再生販売を展開するイーグランド <3294> は、コロナ禍における生活様式の変化に伴って高まる中古住宅需要が業績に追い風となっている。上期は、主力とする低価格帯の居住用物件などの販売が増加したうえ、活況な中古住宅市場を背景に販売単価も上昇し、経常利益は14億3200萬円と前年同期比2.8倍に膨らんだ。仕入れ件數がコロナ禍前の水準に回復するなか、下期も好調が続く見通しで、通期の同利益予想を22億7000萬円(前期比70.0%増)へ引き上げている。業績上振れに伴い、今期2回目となる配當増額(従來比11円増の69円)に踏み切ったほか、35萬株または4億円を上限とする自社株買いを8月から実施するなど、株主還元の切り口でも魅力が高い。

株探ニュース

日経平均




 
中文天堂最新版在线www-bt天堂网www天堂-电影天堂 老司机无码深夜福利电影
突围 印度首都准备封城 速度与激情9 中美元首是否达成新共识?中方回应 加拿大一枝黄花到底是什么? 国际人士热议中共十九届六中全会 外交部回应拜登重申不支持台独 千与千寻 男子体检血中抽出2升油浆 罗永浩吐槽苹果文案没文化 周冠宇成为中国首位F1车手 我要我们在一起 浦发银行回应近3亿存款莫名被质押 入殓师 流浪地球 中国共产党第三个历史决议全文发布 浦发银行回应近3亿存款莫名被质押 俄方回应卫星碎片危及国际空间站 动保组织向上饶信州区申请信息公开 怒火·重案 寻梦环游记 浦发银行回应近3亿存款莫名被质押 红色通缉令 大连一密接者擅自点外卖聚餐被调查 中美元首会谈重点内容 胡锡进谈中美元首会晤 入殓师 加拿大一枝黄花到底是什么? 大连现超级传播者26人在同一传播链 长津湖 花木兰 印度首都准备封城 印度首都准备封城 周冠宇成为中国首位F1车手 突围 两个女人 蜘蛛侠:英雄归来 印度首都准备封城 嘉南传 五个扑水的少年 尚气与十环传奇 许家印为恒大注入超70亿续命资金 灵媒 怒火·重案 外交部回应拜登重申不支持台独 寻梦环游记 中美元首是否达成新共识?中方回应 国足最新出线概率0.08% 中美元首会谈重点内容 长津湖 中美元首会谈重点内容 动物世界 斗破苍穹 苏宁易购回应破产传闻 嘉南传 中国共产党第三个历史决议全文发布 周冠宇成为中国首位F1车手 速度与激情9 甄嬛传 大连一密接者擅自点外卖聚餐被调查 中美元首是否达成新共识?中方回应 男子体检血中抽出2升油浆 兰心大剧院 逆局 房价上涨城市创七年新低 拐点来了? 灵媒 林丹世界排名被正式移除 中美元首是否达成新共识?中方回应 苏宁易购回应破产传闻 胡锡进谈中美元首会晤 外交部回应拜登重申不支持台独
兖州市| 伊川县| 临海市| 甘南县| 新昌县| 韩城市| 花垣县| 金堂县| 志丹县| 丰镇市| 河池市| 黄平县| 专栏| 荔浦县| 晋州市| 肥西县| 怀化市| 金秀| 晋城| 嘉祥县| 留坝县| 安陆市| 黑河市| 息烽县|